自分にはできても、人はそうではないようです

 私は大学時代から筋トレに興味を持ち、現在も継続して定期的に運動しているおかげか40歳過ぎても中年太りすることなく健康診断にも引っ掛かったことがありません。定期的に運動することと、それなりに節制をしていれば体型は保つことができるコツは自分なりに持っておりますし、書籍やジムなどで知識も蓄えていますから、初心者程度なら教えることができるという自信がひそかにあったのですが、なかなかうまくいかないものなんだなと、先日痛感いたしました。

グラマラスパッツ

 というのも、会社の同僚が雑談混じりにダイエットしたいという話になり、筋トレの方法というのを私に訊ねてきたのです。その人は運動とは無縁な生活をしてきた明らかに中年太りといった体つきで、自分のように高負荷や心肺機能強化のトレーニングは無理だろうなと思いましたから、まずはウォーキングや、負荷を軽くする膝をついての腕立て伏せや膝を深く曲げないクォーターのスクワットなどを勧めたのです。すると、「時間がない」「つまんない」などと駄々をこね始める。食事も油ものやお菓子をよくつまむ方なので、野菜増やしたら「ありきたり」などと、暗い目で見られてしまいました。

 話をしていて、端からダイエットする気がないのかなと思いもしましたが、思い返して見ると、私は一般的な話しかしていない。しかし、極端なダイエット法なんておススメできるものではないし、やる気にさせるというものは難しいなとつくづく思いました。